声優として活躍するために

声優として活躍するには、役のオーディションに受かるところから始まります。

しかし、誰の指導も受けずに声優のオーディションを受けることは無謀です。

なので通常は、声優の専門学校に通うか、養成所に所属することが声優への近道といえるでしょう。

そこで、声優の専門学校と養成所では何が違うのか、比較することで、声優を目指すためには自分がどっちに入るべきなのかを見極めてください。

a28684-0

① 声優の専門学校

声優の専門学校には、入試が存在しますが、やる気さえあれば誰でも入学することができます。

なので、特に練習や声優になるための努力をしたことがない人でも、声優を目指して入学しやすいでしょう。

自分の夢を掴むためのきっかけとなってくれる可能性が大いにあるのです。

声優としてのスキルは、初心者でもこなせるような基礎トレーニングから始まり、徐々に難易度を上げていくので、卒業するまでには、一人前の声優として活躍できるだけのスキルが初心者でも身についているでしょう。

また、スキルを講義だけで高めるのではなく、実習で高めていくのですが、大抵の場合、プロと同じ環境で技術を取得していくので、頭でっかちにならず、すぐに現場で活躍できる声優になれます。

そして、在学中にプロダクションを招いてのオーディションを開催している専門学校もあるので、自分から動いて就職活動をしなくても、技術次第ではプロダクションに所属することだって可能ですし、卒業生のバーターとして在校生がアニメ作品でデビューを飾ることだってあります。

また、声優の養成所と違い、専門学校は声優だけでなく、アニメプロデューサーやアニメーターの卵とも交流を持つことができるので、将来アニメ業界で声優として活躍するなら、専門学校で得られる人脈は大いに役立つでしょう。

② 声優の養成所

声優の養成所は、芸能プロダクションが経営している場合が多く、優柔な養成所の生徒は即プロダクション所属となるので、声優デビューへの道は、専門学校よりも近いかもしれませんが、芸能プロダクション直営の養成所には、大抵の場合、オーディションが存在していて、声優の練習をこなしたことがない初心者では合格することは難しいかもしれません。

そんな時は、声優の専門学校で、スキルを磨いてから養成所のオーディションを受けるのも1つの手です。

そのため、声優初心者なら専門学校へ、声優をちょっとでもかじったことがあるなら養成所へと通うことをオススメします。

また、声優の養成所の中には、芸能プロダクションが直営しているわけではなく、ただ声優としての技術を教えるだけの養成所も存在するので、所属する前に注意が必要です。